National Personnel Authority

 
国家公務員死因調査
 
 
調査の概要
 
 調査の目的
  国家公務員の死因の実情を把握し、職員の健康管理及び安全管理の向上に資する。
 
 調査の沿革
  昭和39年度〜平成7年度は毎年度、平成8年度以降は3年に1回実施
 
 調査の根拠法令
  人事院規則10−4第2条
 
 調査の対象
  一般職の国家公務員(常勤職員)で、調査年度の前年度中に死亡した者
 
 調査事項
  死亡者のデータ(死亡時の状況、死亡の原因等)
 
 調査の時期
  調査対象年度(4月1日〜翌年3月31日)の翌年度
 
 調査の方法
  各府省が調査票に記入し、人事院に提出
 
 
調査の結果
 
 用語の解説
  統計表参照
 
 利用上の注意
  「国民(18〜60歳)」は有職者及び無職者を含めた数字
 
 正誤情報
  正誤情報はありません
 
 統計表一覧
 
 
 
公表予定
 調査実施年度の12月頃の予定
 
 
問い合わせ先
 職員福祉局職員福祉課健康班 TEL:03−3581−5311(内線2567)



        戻る