用語の解説

 

 

 給与法適用職員とは

  一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)の適用を受ける職員をいう。

 

 給与特例法適用職員とは

  国有林野事業を行う国の経営する企業に勤務する職員の給与等に関する特例法の適用を受ける職員をいう。

 

 特定独立行政法人職員とは

  独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第2項に規定する特定独立行政法人の職員をいう。

 

 再任用とは

  国家公務員法(昭和22年法律第120号)第81条の4又は第81条の5の規定に基づき、定年退職者等を改めて採用することをいう。

 

 再任用希望調査とは

  勤務先の人事当局から定年退職予定者に対して、再任用についての説明とともに、希望するかどうか等の意向を確認する調査のことをいう。

 

 フルタイム勤務とは

  定年退職前の常勤職員(又はフルタイム正社員)と同様の勤務をいう。

 

 短時間勤務とは

  上記よりも短い勤務をいう。隔日勤務等は、短時間勤務に含まれる。