National Personnel Authority


 

職種別民間給与実態調査

 

 

調査の概要

 

 調査の目的

  国家公務員法及び地方公務員法の規定の趣旨に基づき、国家公務員及び地方公務員の給与を民間の従業員の給与と比較検討するための基礎資料の作成を目的とする。

 

 調査の沿革

  昭和23年より毎年実施している

 

 調査の根拠法令

  国家公務員法第67条、一般職の職員の給与に関する法律第2条、地方公務員法第8条

 

 調査の対象

  企業規模50人以上かつ事業所規模50人以上の事業所

 

 抽出方法

  層化無作為抽出

 

 調査事項

  民間従業員の4月分給与を個人別に給与総額、時間外手当、通勤手当等。事業所単位に、賞与支給額、その月のきまって支給する給与の支給総額、支給人員、その他諸手当の制度等

 

 調査の時期

  調査対象年5月1日から同年6月中旬まで

 

 調査の方法

  実地調査

 

 

調査の結果

 

 用語の解説

 

 利用上の注意

 

 正誤情報

  正誤情報はありません

 

 統計表一覧

 

 

公表予定

 ホームページ掲載は、例年10月予定(概要は人事院勧告後、ホームページに掲載)

 

 

問い合わせ先

 給与局給与第一課調査第一班 TEL:03−3581−5311(内線2515

                        03−3581−4023(直通)



        戻る