前(節)へ 次(節)へ

第1編 ≪人事行政≫

第2部 ≪平成11年度業務状況≫

第7章 職員の福祉

第4節 女子職員の母性保護等


人事院は、女子職員の母性保護等に関し、規則10-7(女子職員及び年少職員の健康、安全及び福祉)を定め、必要な措置を講じている。

平成11年度も各省庁に対して、各種説明会、監査等の場を通じて同規則の適正な運用の指導・徹底を図るとともに、平成11年4月1日以降、女子職員の時間外勤務の制限が解消されたことに伴い、その影響を緩和するため、従前、時間外勤務の制限の対象となっていた女子職員のうち子の養育又は家族の介護を行う者について当該制限を3年間継続する経過措置の適正な運用についても指導に努めた。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority