前(節)へ 次(節)へ

第1編 ≪人事行政≫

第2部 平成14年度業務状況

第9章 定年後の生活設計

2 再就職情報の提供等公務外への再就職の支援


人事院は、定年間近の職員の中に定年後に公務外への再就職を希望する者がいることを踏まえ、これらの職員が自己の能力、知識、経験などを活かして主体的に行う再就職活動を支援する「公務外への再就職情報提供システム」を運用している。

このシステムの事業の一つとして、専用のホームページ(http://johonet.jinji.go.jp)を設けて職業紹介機関等が公開している求人情報のほか、再就職への心構えやノウハウなどの情報を提供しているところであるが、平成14年度はこの充実・改善と併せ、同様の内容を掲載した冊子「公務外への再就職情報提供システム」を作成・配布した。同ホームページの利用状況は、平成14年度で約12,000回にも達していることから、引き続き有益な情報を取り込んで提供することとしている。

さらに、もう一つの事業として、職員が長年培ってきた能力、知識、経験などを活かして公務外に再就職しようとする職員の再就職活動を支援するため、自らの努力で再就職を果たしたOBや職業紹介事業者による講演と参加職員に対する個別相談を内容とする「再就職支援相談会」を本院で開催した。

また、定年後の生活設計支援施策として、定年を数年後に迎える職員に対し、再任用制度を含めた定年後の就業や家計、健康管理等を考える際の具体的な関連情報をまとめた冊子「新たなステップを踏み出すために」を作成・配布するとともに、参加職員が再任用制度説明等の受講や定年後の生活設計の討議等を通して実際に検討してみる「生涯設計セミナー」を7地方事務局と沖縄事務所で開催した。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority