前(節)へ 次(節)へ

第1編 ≪人事行政≫

第2部 平成14年度業務状況

第11章 公平審査

第6節 監査及び検査


人事院は、毎年、国公法、補償法等の規定に基づき、給与支給、健康安全管理、災害補償実施の適正な運用を確保することを目的として、給与簿の検査並びに健康安全管理状況及び災害補償実施状況の監査を実施している。

1  給与簿の検査

給与簿の検査は、職員の給与の支給及びその記録が給与法、人事院規則等に適合して行われることを確保する目的で実施している。

平成14年度は、近年実施された、初任給基準の改正及び昇格制度の改正に伴う在職者調整の適用状況、初任給の経過的特例の適用状況、昇給停止年齢の引き下げに伴う経過措置の適用状況並びに諸手当の改定を重点に525機関を対象として実施した。

検査の結果、法規の理解不足等に起因するものについて若干の誤りが発見されたが、全体的には、おおむね良好に処理されているものと認められた。なお、検査を実施した機関において発見された誤りについては、その是正の指示その他必要な指導を行った。

2  健康安全管理状況の監査

健康安全管理状況監査は、各府省における健康安全に関する法規の遵守状況を把握し、その結果改善が必要な場合には、その是正について指導と改善結果の確認を行うことを目的に実施している。

平成14年度においても、本府省及び有害物質を扱う業務、設備等を多く保有する機関等を中心に62機関について実施した。

監査の結果、重大な健康障害や災害に直結するような誤り等は認められなかったものの、健康安全管理体制、健康安全基準関係等に不備が存するものが認められたので、その是正の指示その他必要な指導を行った。

3  災害補償実施状況の監査

災害補償実施状況監査は、迅速かつ公正な補償の実施と適正な福祉事業の実施の確保を目的に実施している。

平成14年度においては、平成12年4月1日以降に行われた公務上の災害又は通勤による災害の認定並びにこれらの災害に係る補償及び福祉事業の実施が、補償法、人事院規則等に適合しているかどうかについて、20機関を監査した。

監査の結果、公務上の災害又は通勤による災害の認定についてはおおむね良好に処理されていたが、平均給与額の算定等に若干の誤りが見受けられたので、その是正の指示その他必要な指導を行った。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority