前(節)へ 次(節)へ

第1編 ≪人事行政≫

第2部 平成14年度業務状況

第13章 人事院総裁賞及び国民各層との意見交換等

第1節 人事院総裁賞


国民全体の奉仕者としての強い自覚の下に職務に精励し、もって公務及び公務員の役割についての理解と公務に対する信頼を高めることに寄与したと認められる職員又は職域グループを顕彰するため、「人事院総裁賞」を設けている。

第15回を迎えた「人事院総裁賞」は、職域2グループに対して授与された。平成14年12月5日、東京都内において、受賞職域グループの所属府省の代表者等の列席の下に授与式を行い、人事院総裁から賞状等を授与し顕彰した。(表13-1)

表13-1 第15回「人事院総裁賞」の受賞職域グループ


また、授与式後、受賞職域グループ代表者はそれぞれ配偶者を同伴し、宮中において天皇皇后両陛下に拝謁した。

なお、今回、個人部門受賞者として、貨幣に模様を付ける技術の第一人者を選考委員会からの推薦を受けていったん受賞者に決定したが、授与式直前に辞退の申し出があり、選考委員会の了承を得てこれを受け入れることとした。

両陛下に拝謁する受賞者


第15回「人事院総裁賞」選考委員

(敬称略、五十音順)

臼井 敏男  朝日新聞社論説委員

内館 牧子  脚本家

奥谷 禮子  株式会社ザ・アール代表取締役社長

辛坊 治郎  讀賣テレビ放送株式会社解説委員

童門 冬二  作家

松本 秀作  日本青年会議所会頭

(委員長) 山路 敬三  日本テトラパック株式会社会長

以上 7人

「人事院総裁賞」について

「人事院総裁賞」は、昭和63年、人事院創立40周年を記念して創設されたものです。

顕彰対象者は、多年にわたり、同一の職種に従事して不断の努力を続けてきた職員や生活の著しく不便な地において労苦の多い勤務を続けてきた職員、国民生活の向上や生命、財産の保護等に顕著な功績のあった職員、すなわち国民全体の奉仕者としての強い自覚の下に職務に精励し、公務の信頼を高めることに寄与した職員又は職域グループに授与することとされています。

被顕彰者は、人事院総裁の委嘱する各界有識者からなる選考委員会が、各府省及び独立行政法人から推薦された職員又は職域グループについて厳正な審査・選考を行い、その結果に基づいて決定されています。

平成14年度については、山路敬三日本テトラパック(株)会長を委員長とする7人で選考委員会を構成しました。

平成14年度までの顕彰合計は、個人37人、職域41グループとなっております。

また、人事院総裁賞を幅広く国民に理解してもらうため、平成14年度までの受賞者の横顔と受賞理由等をホームページに掲載しています。

人事院総裁賞受賞者と総裁



前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority