前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 政治任用〜主要諸国における実態〜

第1節 政治任用をめぐる動向

4 最近の議論


上記の見直し後も、官僚に対する政治主導の必要性が引き続き強調されることが多く、平成15年の衆議院総選挙の際の選挙公約(マニフェスト)において、政治主導で人選が行われるポストの拡大等への言及がみられるなど、関心が高まっている。

そこで、本稿において、以下、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ各国の政治任用制度を紹介するとともに、政治任用について議論を行う際の視点などについて考察することとする。なお、一口に「政治任用」といっても、画一的な定義が存在するわけではなく、国によって意味内容は多種多様である上、議院内閣制の我が国とは、前提としての政治システムが異なる場合もあることに留意する必要がある。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority