前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 政治任用〜主要諸国における実態〜

第3節 政治任用の議論を行うに当たっての着眼点及び留意点

1 諸外国の状況を理解する上での前提及び着眼点


(政治任用の意味)

政治任用といっても各国共通の定義があるわけではなく、また、この語が一般的に使用されている国(アメリカ、イギリス)においても、法令による厳密な定義があるわけではない。さらに、フランス、ドイツのように政治任用という言葉自体一般的でない国もある(本稿では、フランスにおいては「自由任用」を、ドイツにおいては「政治的官吏」をこれに対応するものとして分析した)。

最大公約数的には、政治任用は、

などが特徴であると言うことができる。ただし、2)について、フランスのように、職業公務員を政治任用する場合に、別途、官吏身分が保護されている場合もあり、3)について、ドイツの政治的官吏のように、制度上はメリット・システムに基づくとされるものがあるなど、必ずしも一様ではない。

諸外国の政治任用の状況に言及する際には、まず政治任用の語で何を指しているのかを明確にすることが大前提であると言える。

(政治システム等の違い)

上記のように、政治任用といっても様々な形態があることに加え、政治システム等についても違いがある。アメリカのような大統領制下とイギリスのような議院内閣制下では、政治任用の前提が全く異なると言えよう。このような政治システム等を捨象して政治任用の外形のみを取り出し、我が国に当てはめて議論することは危険である。

例えば、各省の基幹ポスト(大臣〜局長レベル)を誰が占めているかを見ても、次のとおり様々な場合がある。

表24 は前節でとり上げた4か国について、これを一覧表で示したものである。全体の中での位置付けを踏まえずに、政治任用だけを取り出して単純に比較すると、全体像を見失うことが明らかであろう。

●表24 各国における各省基幹ポストの構造の一覧

(着眼点)

それでは、様々な形態、背景を持つ各国の政治任用の性格を、全体像を見失わずに比較していくためには、どのような点に注意すべきか。前節での分析も踏まえ、次のような着眼点に基づいて理解することが適切であると考える。

[政治形態に着目したもの]

[政治任用者に着目したもの]

[職業公務員に着目したもの]


(注) この垣根が低く、職業公務員と議員との同質性が高い方が、職業公務員を政治任用するインセンティブが政官双方に高くなる面があると考えられる。

表25 は、上記の着眼点に基づき、米英仏独4か国について整理してみたものである。今後、我が国における政治任用を考える際や、これら以外の国を分析対象に含める際にも、このような多面的な分析を行うことが適当であると考える。

●表25 着眼点に基づく整理



前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority