前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

特別寄稿 政治任用 〜専門家の目から見た展望と留意点〜

フランスにおける政治任用


国際基督教大学大学院教授

西尾 勝

人事院の依頼を受け、平成16(2004)年8月に約1週間フランスを訪れ、同国における高級官僚の政治任用の実態とその評価について、同国の高級官僚、政治家、大学教授たちからヒアリング行脚をして回った。

首相に直属する公務員総局の建物の前で


人事院は、その『平成15年度年次報告書』において特集記事「政治任用:主要諸国における実態」を掲載し、米英独仏4か国の政治任用制度の概要とその背景事情を的確に要領よくまとめて紹介している。そこで、今回のヒアリング行脚は、この特集記事にすでに紹介されていたフランスの状況を自分自身の耳目で再確認するために出かけたかのような結果になった。新たに付け加えておくべき諸点は決して多くないが、新たに得た知見も皆無ではないので、これらの諸点についてご報告しておきたい。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority