前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

特別寄稿 政治任用 〜専門家の目から見た展望と留意点〜

日本の官僚制と政治的任用

 結びに代えて


かなり根本的なことであるが、日本の「行政」概念と実態、組織のマネージメントの制度的表現と実態にはずれがある。行政は執行のイメージである。しかし、行政幹部の仕事は、政策の企画立案である。このことが、行政といいながら、政治の領域の仕事を重視し、他方で、実施の管理や専門能力の育成や組織管理にゆるみを生じさせたのではないか。

それでも巨大組織が動いているのはなぜか。キャリア組の度はずれた勤務と、他方における管理の手抜きが理由ではないか。これではだめであるというのが本稿の主張である。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority