前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第2部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

I 人材の確保

1 採用試験の申込状況


平成16年度の国家公務員採用試験の申込者の総数は、大学・高校等卒業者の内定率がやや上向く情勢にあることや若年人口が減少傾向にある下で、前年度に比べ10.8%減の269,648人となった。

このうち、人事院が試験機関となっている採用試験については、前年度比6,465人(3.5%)の増加となったが、人事院以外の機関が試験機関となっている採用試験については、郵政総合職及び郵政一般職採用試験が同39,032人(33.1%)の減少、外務省専門職員採用試験が同85人(9.1%)の減少となった。

また、試験別の増減をみると、大学卒業程度の試験であるI種試験では前年度比1,474人(4.6%)の増加、II種試験では同1,928人(2.7%)の減少、高等学校卒業程度の試験であるIII種試験では同515人(1.7%)の増加となった。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority