前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第2部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

III 幅広い人材の活用

3 幹部要員の採用、選抜、育成の在り方−キャリアシステムの見直し−


国家公務員の人事管理においては、I種試験合格者を幹部要員候補として採用段階で選抜し、採用同期の者は一定年齢までほとんど差をつけずに早期に昇進させるという運用が広く行われている。いわゆる「キャリアシステム」と呼ばれるこのような運用は、優秀な人材の公務への誘致や幹部要員の効率的育成に効果があるという見方がある一方、優秀なII種・III種等採用職員の意欲を削いだり、人事管理が硬直的となり適材適所の人事配置や能力に応じた人材活用を妨げるなどの弊害が指摘されている。

一方、行政課題がますます複雑・高度化する中で、国民の期待に応える質の高い行政を実現するためには、幅広い視野と十分な専門能力、国民全体の奉仕者としての強い自覚と公務に対する強い使命感、積極的に課題に取り組んでいく責任感を持ち、政策立案能力、管理能力等にも優れた幹部職員を計画的に育成することが今後とも不可欠である。

公務における幹部要員の採用、選抜、育成の在り方については、若年層の仕事に対する志向・意識の変化、社会全般での雇用形態の多様化・弾力化、公務における高度専門職等の選考採用や任期付採用の増加などの状況が見られることを十分踏まえつつ、採用や人事管理の在り方をより柔軟で開放的なものにするとともに、能力本位の人事管理をより徹底する方向で、検討を進めていくこととする。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority