前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第2部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

V 能力開発の機会の充実

4 研修の開発と充実


各府省における研修の適切な推進を図る観点から、研修ニーズに応じた教材、研修コースの開発・改訂に当たるとともに、研修全般にわたって必要な研究、検討を行っている。

(1) 人事院式監督者研修(JST)基本コースの改訂

人事院式監督者研修(JST:Jinjiin Supervisory Training)基本コースは、職場のリーダー(監督者など)に対して、仕事や人のマネジメントに関する基本を組織的、体型的に修得させることを目的とした研修である。

JST基本コースは、それぞれの時代の変化やニーズを考慮に入れた改訂を行ってきており、平成16年度においては、業務遂行における環境の変化に対応したより効果的・効率的なマネジメントの在り方を踏まえ、実践能力の修得を主眼とした改訂を行った。

(2) 討議式研修「公務員倫理を考える」(JKET)の改訂

討議式研修「公務員倫理を考える」(JKET:Jinjiin Koumuin Ethics Training)は、公務員の倫理観のかん養を図り、公務への信頼を確保することをねらいとした研修である。

近時、官民を通じて、様々な不祥事が発生し、従来にも増して職業人の倫理観、規範意識が問われてきている。また、公益通報者保護法の制定など、新たな制度も整備されてきている。このような中、国民の公務に対する信頼を確保するため、個々の公務員の使命感の向上、倫理観のかん養、さらに士気の高い職場風土の形成に資する倫理研修の充実が求められている。

このため、平成16年度は、JKETについて、公務員倫理をめぐる新たな動向などを踏まえた事例研究の充実、ロールプレーの導入を主眼とした改訂を行った。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority