前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第3部 平成16年度業務状況

第2章 人材の育成

8 指導者養成研修等


人事管理や研修に関して各府省がより効果的に研修を実施できるよう、人事院式監督者研修(JST:Jinjiin Supervisory Training)をはじめ各種の研修を開発するとともに、それらの研修の指導者を養成する研修を行っている。また、リスクマネジメント能力やプレゼンテーション能力など職員に求められる特定の能力を向上させるための研修や研修に従事する職員のための研修を実施している。(資料2−3

なお、JSTは、人事院が事務部門向きの監督者・リーダー研修として開発し、発展させてきた研修であり、基本コース、専科コース、応用実践コースの三つのコースで構成されている。

上記研修の内容及び目的は、次のとおりである。

(1) JST基本コース

初任監督者に仕事の進め方や部下の管理・監督の基本を修得させる研修であり、内容はマネジメントの基本、リーダーシップ、コミュニケーションを三つの柱としている。

(2) JST専科コース研修

職場のリーダーには様々な能力や資質が求められているが、リーダーに必要なマネジメント能力のうち特に近年その必要性が高まっているテーマについて研修し、必要な能力・意識の向上を図ることを目的として平成14年度に開発した研修である。

現在、「職場におけるリスクマネジメント」と「説明責任とプレゼンテーション」の二つの研修を実施している。

(3) JST応用実践コース

JST基本コースの修了者等を対象とし、マネジメントの基本を踏まえてこれを応用・実践するための技能や態度などを事例研究を通じて修得させる研修である。

(4) 討議式研修「公務員倫理を考える」(JKET)

討議式研修「公務員倫理を考える」(JKET:Jinjiin Koumuin Ethics Training)は、公務員の倫理観のかん養を図り、公務への信頼を確保することをねらいとした研修である。

(5) 人事院式ミドルエイジ職員プログラム(JAMP)

人事院式ミドルエイジ職員プログラム(JAMP:Jinjiin Active Middle‐age Program)は、中高年職員が、自分の長所、強みを再認識し、より充実した職場生活と人生の実現に向けての意欲を一層高めることによって、組織の活性化及び公務能率の向上を図ることをねらいとした研修である。

(6) 教官研究会及び研修企画担当官研修

各府省の内部部局・研修所・地方機関等において、研修の指導・企画・実施に当たっている者(教官や研修企画担当官)に対し、各職務を遂行する上で必要な基礎的知識及び能力等を修得させることを目的として研修を実施している。昨年までは、教官のための研修と研修企画担当官のための研修は別々に実施してきたが、平成16年度は、教官及び研修企画担当官が、各立場から意見交換することにより研修に関する諸問題の解決策を模索することを目的として、一部のカリキュラムを合同で受講する形で合宿研修を行った。

(7) 接遇研修

接遇研修は、接遇の基本を実習させ、行政サービスの在り方を考えさせることにより、職員の執務態度の向上を図ることをねらいとした研修である。

(8) セクシュアル・ハラスメント防止研修

セクシュアル・ハラスメント防止研修は、職員にセクシュアル・ハラスメントについて正しく認識させ、理解させることにより、公務職場におけるセクシュアル・ハラスメントの防止及び排除に努め、良好な執務環境を確保することをねらいとした研修である。

(9) OJT実践コース

OJT(OJT:On the Job Training)実践コースは、第一線の管理・監督者の部下の指導・育成能力を向上させることをねらいとした研修である。

平成16年度の実施状況は、表2−12のとおりである。

●表2-12 平成16年度指導者養成研修等実施状況



前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority