前(節)へ 次(節)へ

第2編 国家公務員倫理審査会の業務

第1部 倫理制度に関するこの1年の主な動きと今後の課題

2 倫理制度に関する意見聴取

(1) 有識者との懇談会等


倫理審査会では、倫理規程が施行されて以降、各界の有識者等からの意見聴取を続けているが、平成16年度は、東京及び福岡市において、報道関係者、学識経験者、企業経営者等の各界で活躍している有識者と倫理審査会の会長や委員との懇談会を開催した。懇談会においては、倫理法・倫理規程に対する評価、公務員の情報収集の在り方、公務員倫理を保持するための施策など、倫理制度に関する様々な意見を聴取した。

また、各府省の官房長等との懇談会を実施し、各府省における倫理法・倫理規程の運用状況や、業務への影響、倫理法・倫理規程に対する要望事項などを聴取したほか、個別に企業経営者等を訪問する形での意見聴取を行った。

●有識者との懇談会における主な意見例●
  • ○ 個々の規定の内容については、それはもっともでおかしいことは書いていないが、公務の側からの情報収集を鈍らせたり、視野を狭くしてしまうなど、本当に公務員の倫理の向上に役立つのかと思うので、あまり厳しく縛りすぎるのもいかがなものかという印象は持っている。
  • ○ これからは産学官がしっかりと連携し、新しい産業を創成したり、既存の産業の弱点を補強したりすることが必要とされる時代であり、倫理規程を見直すのであれば、そういった意味での交流が堂々とできるようなものにしてほしい。
  • ○ 公務員には最低限守らなければならないルールというのは当然あり、現行の「倫理行動規準」程度のものがしっかり身に付いていれば、あとは自ら判断していける問題なのではないか。
  • ○ 働く女性の立場からすると、夜に飲酒を共にしないと話ができないというのは多分に男性社会的な発想であり、仕事のスタイルが夜から朝・昼のオープンな場へシフトするということは、より働きやすい環境になるということだと思う。

前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority