前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

III 能力・実績に基づく人材の登用

3 幹部要員の採用、選抜、育成の在り方


国家公務員の人事管理においては、I種試験合格者を採用段階で幹部要員候補として位置付け、採用同期の者は一定年齢までほとんど差をつけずに早期に昇進させるという運用が広く行われている。

一方、行政課題が多様化、複雑・高度化、国際化する中で、国民の期待に応える質の高い行政を実現するためには、幅広い視野と十分な専門能力、国民全体の奉仕者としての強い自覚と公務に対する強い使命感、積極的に課題に取り組んでいく責任感を持ち、政策立案能力、管理能力等にも優れた幹部職員を計画的に育成することがますます重要となっている。

公務における幹部要員の採用、選抜、育成の在り方については、若年層の仕事に対する志向・意識の変化、社会全般での雇用形態の多様化・弾力化等の人材をめぐる環境の変化、人事評価制度の整備状況、公務外からの人材登用の拡大等の動きを十分に踏まえつつ、広く関係者との共通認識の醸成を図りながら、採用や人事管理の在り方をより柔軟で開放的なものにするとともに、能力本位の人事管理をより徹底する方向で、検討を進めていくこととする。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority