前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

III 能力・実績に基づく人材の登用

4 分限制度の適切な運用


分限制度は、公務員が全体の奉仕者として、情実に左右されず公正に職務を遂行できる環境を確保する趣旨で設けられている身分保障を前提とした上で、一定の事由に該当する場合には、職員の意に反して免職、降任、休職等の処分を行うことにより、公務の適正かつ能率的な運営を図る制度である。

各任命権者が分限処分をより適切に行い得るよう、職員が分限事由に該当する場合の任命権者の適切な対応の仕方等について、裁判例や人事院の判定事例、過去の処分事例等を踏まえて検討を進めている。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority