前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

VI 給与に関する報告と勧告

6 官民給与の比較方法の見直し


平成17年給与勧告時の報告において、官民給与の比較方法について、民間企業における人事・組織形態の変化に対応できるように、学識経験者の研究会を設けて検討を行っていくことを表明した。

この官民給与の比較方法の在り方について総合的に検討を行うため、各界有識者による「給与懇話会」(座長:西尾勝国際基督教大学大学院教授)と、学識経験者による「官民給与の比較方法の在り方に関する研究会」(座長:神代和欣横浜国立大学名誉教授)を設けた。給与懇話会及び研究会における議論を踏まえ、平成18年以降の勧告等に反映させる方向で検討を進めていくこととしている。

▲官民給与の比較方法の在り方に関する研究会



前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority