前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

VII 人事評価制度の整備

3 今後の課題


新たな人事評価の第1次試行は、活用可能な新たな人事評価システムの構築に向けた第1ステップとして、人事評価に係る検討課題を実証的に確認し、今後の作業の参考資料を得ることを目的としている。そのため、第1次試行終了後、以下に掲げた課題も含め、基準の妥当性、手続の実効性等を検証し、順次、対象となる職位、職種等を拡大するなど、試行を段階的に進めていくことが現実的かつ適切である。

《今後検討すべき課題》

なお、「行政改革の重要方針」(平成17年12月24日閣議決定)において、第1次試行の結果の分析等を踏まえた必要な改善を行い、対象範囲を拡大して、平成18年度中に第2次試行を開始することとされており、今後も関係者と十分協議しつつ、検討していく必要がある。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority