前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第1部 人事行政この1年の主な動きと今後の課題

X 懲戒処分の厳正性・公正性の確保


国民の公務に寄せる期待と信頼にこたえ、行政の円滑な運営を図っていくためには、職員が国民全体の奉仕者としての使命を自覚し、厳正な規律と高い倫理観を保持しつつ、その職務に精励することが肝要である。しかしながら、近時、一部職員による公務に対する国民の信頼を損なうような不祥事が続いている状況にある。

人事院は従来より、服務義務違反が生じた場合の対応については、任命権者において、事実関係を十分に把握した上で適正な懲戒処分によって厳正に対応するとともに、再発防止策の実施や服務規律の徹底を図る必要があることを指摘してきている。平成17年度においても、上記の趣旨を徹底するために8月15日付けで「職員の不祥事に対する厳正な対応について(職員福祉局長通知)」を各府省等宛に発出したほか、種々の機会を通じて各府省等に対して職員の服務規律の確保と違反に対する厳正な対応等について指導等を行った。


前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority