前(節)へ 次(節)へ

第1編 人事行政

第2部 平成17年度業務状況

第2章 人材の育成

5 女性職員研修


平成13年5月に人事院が各府省に発出した「女性国家公務員の採用・登用の拡大に関する指針」を踏まえ、平成13年度から女性職員を対象とした研修を実施している。

平成17年度における本府省係長級の女性職員を対象とした研修は、6月に発表した「女性幹部職員を育成・登用するための研究会」(座長:奥山明良成城大学法学部教授)報告の中で女性職員研修に関し、人的ネットワークの形成を中心に女性職員の交流やロールモデルに接する機会を積極的に提供するよう求める意見が出されたことを踏まえ、カリキュラムに工夫を加えた。具体的には先輩職員が後輩の女性職員に助言、指導する「メンター」に関する講演や「キャリアデザイン」に関する講義及び自立型の問題解決に関する講義・討議等を盛り込み、人的ネットワークの形成を強固にするためフォローアップ研修を1日行った。また、「霞が関の女性職員のための公開セミナー」を、メンターについて理解し広く人的ネットワークを形成することを目的に、新たに実施した。

女性職員研修の実施状況は、表2−8のとおりである。

●表2−8 平成17年度女性職員研修の実施状況



前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority