前(節)へ 次(節)へ

第2編 国家公務員倫理審査会の業務

第1部 倫理制度に関するこの1年の主な動きと今後の課題

2 倫理制度に関する意見聴取

(2) モニター等に対するアンケート調査


ア 国家公務員に関するモニター(市民モニター)に対するアンケート調査

平成17年11月、人事院の募集した「国家公務員に関するモニター」(市民モニター)500人に対して公務員倫理に関するアンケート調査を実施した。

そのうち、国家公務員の倫理感についての印象、倫理規程の存在及び平成17年4月の一部改正についての認知度、並びに倫理規程で定められている行為規制の内容全般に対する基本的な評価は、次のようになっている。

(ア)国家公務員の倫理感についての印象を聞いたところ、「倫理感が高い」は2.1%、「全体として倫理感が高いが、一部に低い者もいる」は52.1%であり、合わせて54.2%となっている。一方、「倫理感が低い」は7.8%、「全体として倫理感が低いが、一部に高い者もいる」は17.3%であり、合わせて25.1%となっている。また、「どちらともいえない」は18.6%となっている。(図1

●図1 国家公務員の倫理感について、どのような印象をお持ちですか。


(イ)倫理規程の存在及び平成17年4月の倫理規程改正について知っていたかを聞いたところ、「改正されたことを知っていた」と回答した者が9.3%、「存在は知っていたが、改正されたことは知らなかった」と回答した者が58.6%、「存在を知らなかった」と回答した者が31.6%であった。(なお、倫理規程の存在を知っていた者は67.9%であった(9.3%+58.6%)。)(図2

●図2 このアンケートが届く以前、倫理規程が存在することについて、また、倫理規程が平成17年4月に改正されたことについて御存知でしたか。


(ウ)現在、倫理規程で定められている行為規制の内容全般について、どのように思うか聞いたところ、「妥当である」と回答した者が65.2%と最も多く、「厳しい」と回答した者は1.9%、「どちらかと言えば厳しい」と回答した者は10.1%であり、合わせて12.0%であった。逆に「緩やかである」と回答した者は7.8%、「どちらかと言えば緩やかである」と回答した者は14.8%であり、合わせて22.6%であった。(図3

●図3 平成17年4月の倫理規程改正の内容を含め、現在倫理規程で定められている行為規制の内容全般について、どのように思いますか。


イ 公務員倫理モニター(有識者モニター)に対するアンケート調査

公務員の倫理保持の状況、倫理制度の在り方等に関し、各界の有識者の評価・意見等を把握するため、各界有識者(企業経営者、地方自治体の長、学識経験者、新聞社論説委員、労働組合役員、市民団体関係者等)200人に公務員倫理モニターを委嘱し、平成17年9月にアンケート調査を行った。

そのうち、倫理規程で定められている行為規制の内容全般に対する基本的な評価は、次のようになっている。

現在、倫理規程で定められている行為規制の内容全般について、どのように思うかを聞いたところ、「妥当である」と回答した者が80.1%と最も多く、「厳しい」と回答した者は2.2%、「どちらかと言えば厳しい」と回答した者は11.6%であり、合わせて13.8%であった。逆に「緩やかである」と回答した者はなく、「どちらかと言えば緩やかである」と回答した者は5.5%であった。(図4

●図4 平成17年4月の倫理規程改正の内容を含め、現在倫理規程で定められている行為規制の内容全般について、どのように思いますか。


ウ 企業経営者等(経済同友会幹事)に対するアンケート調査

平成17年12月、社団法人経済同友会の協力を得て、国家公務員に関するモニター(市民モニター)への調査と同じ質問票を用い、同会幹事である企業経営者等に対するアンケート調査を実施した。

そのうち、倫理規程の存在及び平成17年4月の一部改正についての認知度、倫理規程で定められている行為規制の内容全般に対する基本的な評価は、次のようになっている。

(ア)倫理規程の存在及び平成17年4月の倫理規程改正について知っていたかを聞いたところ、「改正されたことを知っていた」と回答した者が20.0%、「存在は知っていたが、改正されたことは知らなかった」と回答した者が77.1%、「存在を知らなかった」と回答した者が2.9%であった。(なお、倫理規程の存在を知っていた者は97.1%であった(20.0%+77.1%)。)(図5

●図5 このアンケートが届く以前、倫理規程が存在することについて、また、倫理規程が平成17年4月に改正されたことについて御存知でしたか。


(イ)現在、倫理規程で定められている行為規制の内容全般について、どのように思うか聞いたところ、「妥当である」と回答した者が62.9%と最も多く、「厳しい」と回答した者は5.7%、「どちらかと言えば厳しい」と回答した者は20.0%であり、合わせて25.7%であった。逆に「緩やかである」と回答した者はなく、「どちらかと言えば緩やかである」と回答した者は8.6%であった。(図6

●図6 平成17年4月の倫理規程改正の内容を含め、現在倫理規程で定められている行為規制の内容全般について、どのように思いますか。



前(節)へ 次(節)へ
© National Personnel Authority