人事院 人事院
本文へ   English
文字サイズ
官庁訪問に関するQ&A(2019年度版)
Q:第1次試験合格の段階での官庁訪問では、どのようなことをするのでしょうか。
Q:官庁訪問では採用予定官庁により「内々定」者を決めるための面接が行われるのでしょうか。
Q:官庁訪問開始日は7月11日(木)ですが、具体的にはどの日に訪問したらよいのですか。
Q:内々定が解禁となる8月20日(火)以降に官庁訪問をすることはできないのでしょうか。
Q:第2次試験期間中の官庁訪問は禁止されるとのことですが、昨年度以前の一般職試験の合格者も、訪問してはいけないのでしょうか。
Q:官庁訪問の事前予約の際に官庁から連絡された訪問日時が学事の日程と重なった場合には、どうしたらよいでしょうか。
Q:官庁訪問期間中に多数の官庁を訪問することは可能でしょうか。
Q:官庁からの求めに応じて、同一官庁に複数回の訪問をしていますが大丈夫でしょうか。
Q:官庁訪問ルールには各省庁は、内々定の解禁が最終合格発表後とされていることを踏まえ、官庁訪問の対応を行うとありますが、
    どのような意味でしょうか。
官庁訪問で訪問した複数の官庁から良い感触を得られましたが、どうしたらよいでしょうか。
Q:人事院の各地方事務局(所)が主催する説明会の開催日に、主催する各地方事務局(所)の管轄区域内に所在する機関の官庁訪問が禁止
  されるのはなぜですか。
Q:官庁訪問をした場合でも、合同業務説明会に参加した方がよいのでしょうか。
Q:官庁訪問と採用試験との間には関係があるのですか。
Q:第2次試験開始前(7月11日(木)~16日(火))の官庁訪問で良い感触がもらえなければ、第2次試験を受験することはできないのでしょう 
  か。
Q:官庁訪問で訪問府省から良い感触を得られたときは、第2次試験(人物試験)で有利になるのでしょうか。
Q:官庁訪問ルールに違反する行為を受け(見聞きし)ましたが、どうしたらいいでしょうか。
 
 
Q:第1次試験合格の段階での官庁訪問では、どのようなことをするのでしょうか。

  A:官庁訪問は、採用予定官庁を訪問し、業務説明や面接などを受けるものです。面接等を通じて、志望する官庁と
    訪問者との間でマッチングが行われます。

 このページのトップへ
 
 Q:官庁訪問では採用予定官庁により「内々定」者を決めるための面接が行われるのでしょうか。

   A:内々定解禁は最終合格者発表日の8月20日(火)午前9時以降となっており、第1次試験合格者発表後の官庁
      訪問では最終合格を条件とした内々定者の絞り込みに向けた面接などが行われます。

 このページのトップへ
  
 Q:官庁訪問開始日は7月11日(木)ですが、具体的にはどの日に訪問したらよいのですか。

   A:志望する官庁の官庁訪問の実施日等については、官庁訪問開始日前にホームページなどで確認し、事前予約が必要
      な場合には事前予約を行った上で、訪問してください。なお、改めての訪問が必要となる場合もありますが、その場合には、
         官庁から訪問時にその旨をお知らせしますので、それに従ってください。
 
 
このページのトップへ
   
 Q:内々定が解禁となる8月20日(火)以降に官庁訪問をすることはできないのでしょうか。

   A:8月20日(火)以降は内々定が解禁となり、内々定者数が採用予定数に達した官庁などでは官庁訪問の受付が終了となる場合
      があります。その一方で、採用予定数に達していない官庁などでは、引き続き官庁訪問を受け付ける場合もありますので、官庁
      訪問を希望する場合には、ホームページなどで情報を確認してください。

 このページのトップへ
  
 Q:第2次試験期間中の官庁訪問は禁止されるとのことですが、昨年度以前の一般職試験の合格者も、訪問してはいけないの
   でしょうか。


   A: 第2次試験期間中の官庁訪問は一律に禁止となります。昨年度以前の試験の合格者であっても官庁訪問をすることはできません。
 
 
このページのトップへ
 
 Q:官庁訪問の事前予約の際に官庁から連絡された訪問日時が学事の日程と重なった場合には、どうしたらよいでしょうか。

   A:官庁訪問ルールでは、官庁訪問において、授業、試験、留学、教育実習等の学生の事情に十分配慮しなければならないことと
     されていますので、官庁に事情を伝えて別の日時に訪問できるよう依頼してください。
 
 
このページのトップへ
  
 Q:官庁訪問期間中に多数の官庁を訪問することは可能でしょうか。

   A:訪問可能な官庁の数に上限はありませんが、自分が本当にしたい仕事は何か、どういう職場で働きたいかなどについて十分に
      考えを深めた上で、志望に沿った官庁を訪問するように心がけてください。

 このページのトップへ
   
 Q:官庁からの求めに応じて、同一官庁に複数回の訪問をしていますが大丈夫でしょうか。

   A:官庁訪問は官庁と訪問者との間でマッチングを行うもので、状況に応じて官庁から改めての訪問を求められる場合もあります。
     ただし、マッチングに必要な範囲を超えた過度な拘束は官庁訪問ルール違反となりますので、そのようなことが疑われるときは、
     人事院まで御連絡ください。

 このページのトップへ
   
 Q:官庁訪問ルールには各省庁は、内々定の解禁が最終合格発表後とされていることを踏まえ、官庁訪問の対応を行うとありますが、
    どのような意味でしょうか。


   A:内々定解禁は最終合格発表日の8月20日(火)午前9時以降となっているため、それまでの間に行われる面接等を通じた
      マッチングは全て最終合格が条件となるということを示しています。

 このページのトップへ
 
 Q:官庁訪問で訪問した複数の官庁から良い感触を得られましたが、どうしたらよいでしょうか。

   A:8月20日(火)以降に解禁される内々定は、1つの官庁からしか得ることができません。複数の官庁から良い感触を得た場合
      には、志望度の低い官庁の担当者に対して、志望度の高い官庁から良い感触を得た旨を正直に伝えるようにしてください。

 このページのトップへ
    
 Q:人事院の各地方事務局(所)が主催する説明会の開催日に、主催する各地方事務局(所)の管轄区域内に所在する機関の
        官庁訪問が禁止されるのはなぜですか。


   A:人事院の各地方事務局(所)が主催する説明会の開催日に、主催する各地方事務局(所)の管轄区域内に所在する
     機関への官庁訪問を禁止しているのは、多くの受験者に合同業務説明会に参加していただき、各官庁の仕事の内容
     や魅力について広く知っていただくためです。

 このページのトップへ
   
 Q:官庁訪問をした場合でも、合同業務説明会に参加した方がよいのでしょうか。

   A:官庁訪問と合同業務説明会は別のものですので、合同業務説明会への参加が官庁訪問に影響することはありません。
      志望する官庁の業務をより深く知りたいときなどには、官庁訪問をした後に合同業務説明会に参加することも有意義となります。

 このページのトップへ
 
  Q:官庁訪問と採用試験との間には関係があるのですか。

   A:官庁訪問と採用試験とは全く別のプロセスとなりますので、官庁訪問の状況により採用試験の結果が左右されることはありません。

 このページのトップへ
 
 Q:第2次試験開始前(7月11日(木)~16日(火))の官庁訪問で良い感触がもらえなければ、第2次試験を受験することは
         できないのでしょうか。


   A:官庁訪問と第2次試験を含む採用試験とは全く別のプロセスとなりますので、官庁訪問の状況により第2次試験を受験
     できなくなることはありません。

 このページのトップへ
   
 
  Q:官庁訪問で訪問府省から良い感触を得られたときは、第2次試験(人物試験)で有利になるのでしょうか。

   A:官庁訪問と第2次試験を含む採用試験とは全く別のプロセスとなりますので、官庁訪問の状況が第2次試験(人物試験)
     の判定に影響を及ぼすことはありません。

 このページのトップへ
 
 Q:官庁訪問ルールに違反する行為を受け(見聞きし)ましたが、どうしたらいいでしょうか。

   A:官庁訪問中に官庁訪問ルールに違反する行為を受け(見聞きし)た場合は、人事院まで御連絡ください。
     通報者の意向を踏まえながら事実関係の調査を行い、必要に応じて是正を求めます。