人事院 人事院
本文へ   English
文字サイズ

退職手当制度の概要

退職手当の支給退職手当の計算例退職手当に係る税金退職手当手取額計算書 |

(6)退職手当の計算例

【定年退職で在職中に休職期間のある例】
     
退職日の俸給月額 行(一) 5級73号俸 387,000円
在職期間 採用年月日 昭和55年(1980年)4月 4日
  昇格年月日 平成28年(2016年)4月 1日 5級
  退職年月日 平成31年(2019年)3月31日
 私事傷病による休職期間 除算対象期間 7月間
*休職期間は、調整額の算定の基礎となる期間の計算に影響がなかったものとする。
 
勤続期間 (2019年3月)-(1980年4月)-除算期間(7月÷2)=38年8.5月
端数切捨て→ 38年
 
退職理由別勤続期間別支給割合  47.709 (25年以上勤続、定年退職)
   
退職手当支給額 =基本額(退職日の俸給月額×支給割合(47.709))+調整額
  = 387,000円×47.709+(32,500円×36月+27,100円×24月)
  = 20,283,783円

【早期退職募集制度に応募し、53歳で応募認定退職する場合の例】

退職日の俸給月額 行(一) 5級70号俸 385,600円
在職期間 採用年月日 昭和63年(1988年)4月 1日
  昇格年月日 平成29年(2017年)4月 1日  5級昇格
  退職年月日 平成31年(2019年)3月31日
  定年年齢までの残年数 7年
 
勤続期間 (2019年3月)-(1988年4月)=31年
 
退職理由別勤続期間別支給割合  42.31035(25年以上勤続、応募認定退職)
 
退職手当支給額 =基本額(退職日の俸給月額×(1+3%×7年)×支給割合(42.31035))+調整額
= 385,600円×(1+21%)×42.31035+(32,500円×24月+27,100円×36月)
= 21,496,593.8616円 ≒ 21,496,593円(1円未満端数切捨て)

 

国家公務員退職手当支給割合一覧 (※調整率を乗じた後のもの)
 (平成30年1月1日~ )


勤続年数
法第3条
法第4条
法第5条




自己都合
(11年未満勤続)定年・応募認定退職(1号)・任期終了・事務都合退職・公務外死亡・通勤災害傷病等
公務外傷病(通勤災害傷病を除く)
(11年以上25年未満勤続)定年・応募認定退職(1号)・任期終了・事務都合退職・公務外死亡・通勤災害傷病等
整理・応募認定退職(2号)・公務上死亡・公務上傷病
(25年以上勤続)定年・応募認定退職(1号)・任期終了・事務都合退職・公務外死亡・通勤災害傷病等
1
0.5022
0.837
0.837
 
1.2555(3.6a)
 
2
1.0044
1.674
1.674
 
2.511(4.5a)
 
3
1.5066
2.511
2.511
 
3.7665(5.4a)
 
4
2.0088
3.348
3.348
 
5.022(5.4a)
 
5
2.511
4.185
4.185
 
6.2775
 
6
3.0132
5.022
5.022
 
7.533
 
7
3.5154
5.859
5.859
 
8.7885
 
8
4.0176
6.696
6.696
 
10.044
 
9
4.5198
7.533
7.533
 
11.2995
 
10
5.022
8.37
8.37
 
12.555
 
11
7.43256
 
9.2907
11.613375
13.93605
 
12
8.16912
 
10.2114
12.76425
15.3171
 
13
8.90568
 
11.1321
13.915125
16.69815
 
14
9.64224
 
12.0528
15.066
18.0792
 
15
10.3788
 
12.9735
16.216875
19.46025
 
16
12.88143
 
14.3127
17.890875
20.8413
 
17
14.08671
 
15.6519
19.564875
22.22235
 
18
15.29199
 
16.9911
21.238875
23.6034
 
19
16.49727
 
18.3303
22.912875
24.98445
 
20
19.6695
 
19.6695
24.586875
26.3655
 
21
21.3435
 
21.3435
26.260875
27.74655
 
22
23.0175
 
23.0175
27.934875
29.1276
 
23
24.6915
 
24.6915
29.608875
30.50865
 
24
26.3655
 
26.3655
31.282875
31.8897
 
25
28.0395
 
28.0395
 
33.27075
33.27075
26
29.3787
 
29.3787
 
34.77735
34.77735
27
30.7179
 
30.7179
 
36.28395
36.28395
28
32.0571
 
32.0571
 
37.79055
37.79055
29
33.3963
 
33.3963
 
39.29715
39.29715
30
34.7355
 
34.7355
 
40.80375
40.80375
31
35.7399
 
35.7399
 
42.31035
42.31035
32
36.7443
 
36.7443
 
43.81695
43.81695
33
37.7487
 
37.7487
 
45.32355
45.32355
34
38.7531
 
38.7531
 
46.83015
46.83015
35
39.7575
 
39.7575
 
47.709
47.709
36
40.7619
 
40.7619
 
47.709
47.709
37
41.7663
 
41.7663
 
47.709
47.709
38
42.7707
 
42.7707
 
47.709
47.709
39
43.7751
 
43.7751
 
47.709
47.709
40
44.7795
 
44.7795
 
47.709
47.709
41
45.7839
 
45.7839
 
47.709
47.709
42
46.7883
 
46.7883
 
47.709
47.709
43
47.709
 
47.709
 
47.709
47.709
44
47.709
 
47.709
 
47.709
47.709
45
47.709
 
47.709
 
47.709
47.709
(注1) ( )内は、法第6条の5の最低保障である。
(注2)  aは、基本給月額であり、俸給及び扶養手当の月額並びにこれらに対する地域手当等(又はこれらに相当する手当)の月額合計額をいう。
(注3)  法附則第21項から第23項まで及び昭和48年法律第30号附則第5項から第7項による退職手当の基本額の調整(87.7/100)を含めた計数である。