人事院 人事院
本文へ   English
文字サイズ

life

3.家庭の人間関係

 
               <参考>

 定年後は、引き続き就業したとしても、これまでの生活環境とは大きく異なってきます。自宅にいる時間が長くなり、家族の意外な素顔が見えてきたり、公務から離れた寂りょう感のようなものに襲われたりすることがあります。家族と良好な関係を築き、家庭を心の安らぎの場とするために、家庭の人間関係について、考えてみましょう。

1 配偶者との関係
 定年後には、配偶者と過ごす時間がこれまでより増えてきます。これまでは、日中ほとんど家にいなかったのに、家にいることが多くなります。そうなると、当然、配偶者にとっても大きな変化が生じます。
配偶者が出かけようとするとワシも行く、といった「ワシも族」のような存在、配偶者が毎日家にいることを原因とする「主人在宅ストレス症候群」などと呼ばれる現象が近年増えています。そうならないためにも、お互いに趣味を持って別々の時間を過ごしたり、たまには外食したり、とお互い相手の立場を尊重しつつ、協力して充実した家庭生活を送れるようにしたいものです。
 そして、もう長い間一緒にいるんだから、当然わかっているはず、などと安易に考えず、相手に伝わる言葉で話すことが大事です。

2 子供との関係
 定年を迎えるころの子供は、社会人として自立していたり、まだ学生であったりと様々でしょう。子供がどのような状況であれ、親として子供に経済的支援をしたくなる気持ちは理解できますが、現実問題として定年後は経済的にも厳しい状況になります。
定年を契機に、子供の状況に応じた互いの今後について話し合ってみてはいかがでしょうか。(子供の自立、経済的支援、自身の介護、など)
 
【心配ごとや悩みごとの相談相手】

  平成24年度に内閣府が実施した「高齢者の健康に関する意識調査」(55歳以上の者を対象)によると、「心配ごとや悩みごとの相談相手」については、「配偶者」が最も多く、以下、「子ども」、「友人・知人」、「その他の家族・親族」と続いています。
  性別でみると、「配偶者」(男性68.3%、女性48.1%)は男性の方が高く、女性の方は「子ども」(男性33.6%、女性58.6%)及び「友人・知人」(男性20.2%、女性30.4%)が高くなっています。

【心配ごとや悩みごとの相談相手】
 
【老後における子供や孫との付き合い方】
 平成27年度に内閣府が実施した「第8回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査(日本を含む4カ国の60歳以上の者を対象に調査)」によると、「老後における子供や孫との付き合い方」について、以前は、日本では「子供や孫とは、いつも一緒に生活できるのがよい」を挙げた人の率が最も高くなっていましたが、年々その率は下がり、今回の調査では、「子供や孫とは、ときどき会って食事や会話をするのがよい」の率がますます高くなっています。
(%)
 
日本
アメリカ
ドイツ
スウェーデン
韓国(*)
H7
H12
H17
H22
H27
H27
H27
H27
H22
子供と孫とは、いつも一緒に生活できるのがよい
54.2
43.5
34.8
33.1
27.1
9.0
14.2
3.7
24.9
子供や孫とは、ときどき会って食事や会話をするのがよい
38.0
41.8
42.9
46.8
50.5
61.1
69.0
72.7
55.0
子供や孫とは、たまに会話をする程度でよい
5.6
6.6
14.7
11.2
12.7
25.1
15.3
22.9
14.6
子供や孫とは、全くつきあわずに生活するのがよい
0.8
0.9
0.6
1.2
1.1
0.6
0.3
0.1
1.4
わからない
 
7.0
6.9
7.6
7.7
4.2
1.2
0.6
4.1
 ※ 韓国については、「第8回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査」では調査対象から除かれているため、平成22年調査(第7回)の数字である。
3 親との関係
 より高齢な親にとっては日常の何でもないことであっても、心身に変調を来す場合が結構見受けられるものです。普段から頻繁に親とのコミュニケーションを図ることを心掛けていれば、親の体調の変化なども早期に発見でき、迅速な対応につながるほか、親の心の支えになることができます。
 また、親の介護は、その加齢とともに家族の負担が増えていくのが一般的です。介護期間が長くなると、次第に介護者の心身に負担が蓄積して、介護者自身が健康を害したり、家族の人間関係が崩れたりすることにもなりかねません。介護は家族全員の協力体制のもと、介護を受ける親や家族にとってどのような介護を行うのが一番適切なのかを、家族全員が強く当事者意識を持って相談しながら決めることが大切です。
 なお、介護は親のみの問題ではなく、皆さん自身の将来の問題でもあります。介護が必要になったときに慌てることがないように、市町村の窓口に足を運び、介護保険制度を含む様々な介護情報を早めに入手したり、誰が、どこで、どのように費用を負担して介護するかなどについて家族全員で十分話し合っておくことが大切です。
 介護の必要性が生じた場合には、地域における介護相談の最初の窓口である「地域包括支援センター」に行ってみましょう。

<参考>
 介護たすけあいホームページ「あったかタウン」  
あったかタウン
 
【介護が必要になった場合の介護を受けたい場所】

 平成24年度に内閣府が実施した「高齢者の健康に関する意識調査」(55歳以上の者を対象に調査)によると、介護が必要になった場合にどこで介護を受けたいか聞いたところ、現在の住まい(自宅)で介護を受けたいとする者が34.9%(男性42.0%、女性29. 1%)と最も多く、次いで「病院などの医療機関に入院したい」(20.0%)、「介護老人 福祉施設に入所したい」(19.2%)と続いています。したがって、介護を受けたい場所 としては、「施設・医療機関利用(計)」(54.0%)の方が「自宅・親族の家(計)」  (38.0%)より16ポイント高い結果となっています。

○性別にみた介護を受けたい場所
【性別にみた自分自身が介護を受けたい場所】
4 一人暮らしの場合     
 平均寿命が年々延びていることもあり、一人暮らしの高齢者は今後ますます増加すると予想されています。現在、一人暮らしをしている人だけではなく、配偶者や子供、親などの家族と暮らしている人であっても今後一人暮らしを余儀なくされる場合が出てきます。一人暮らしは、日々の生活において制約が少ない、人生における様々な選択の可能性が高いなどのメリットがある反面、病気やけがなど、万が一の場合への対策を常に考えておかねばなりません。
 一人暮らしであっても、親との関わり、兄弟との関わりなど、家族とのつながりを大切にするほか、身近な居住地域との関わりを意識し、円滑な人間関係を保持することが大切です。

 
 
【一人暮らし高齢者は増加しています】

 65歳以上の一人暮らし高齢者の増加は男女とも顕著であり、平成27年には男性約192万人、女性400万人、高齢者人口に占める割合は男性13.3%、女性21.1%となっています。


○65歳以上の一人暮らし高齢者の動向
 
【65歳以上の一人暮らし高齢者の動向】
  

【一人暮らし高齢者の意識】

 平成28年版厚生労働白書によると、老後に一人暮らしをすることになった場合に不安はありますかとの設問に対し、8割超が不安を感じていると回答しています。その不安は具体的にどのようなことかとの設問に対して、「病気になったときのこと」(79.7%)、「寝たきりや身体が不自由になり、介護が必要になったときのこと」(79.1%)と回答しています。続いて「買い物など日常生活のこと」「日常会話をする相手がいないこと」となっています。
 ※ 当該調査は、対象を40歳以上としており、不安については年齢が低いほど「大いに不安」の割合が高くなっています。


○一人暮らしへの不安(回答ひとつ)

一人暮らしへの不安(回答ひとつ)
 

○一人暮らしが不安な理由(複数回答三つまで)
 
一人暮らしが不安な理由(複数回答三つまで)