人事のエキスパート
目指しませんか?

人事のエキスパートを目指しませんか?

人事院中部事務局 職員採用

中部事務局の常勤職員採用

中部事務局の2024年度の官庁訪問の日時などは、詳細が決まり次第、当サイトにアップします。

説明会・セミナー

実施予定の説明会・セミナーは、次のとおりです。
説明会・セミナー名 実施日 会場等 内容
人事院中部事務局
個別業務説明会
(対面)
令和6年6月12日(水) 人事院中部事務局
(名古屋市三の丸2-5-1 名古屋合同庁舎第2号館4階)
詳細と事前予約 
事前予約が必要です
人事院中部事務局
個別業務説明会
(オンライン)
令和6年6月24日(月) (オンライン) 詳細と事前予約 
事前予約が必要です
官庁合同 業務説明会
(対面)
令和6年6月29日(土) 中京大学名古屋キャンパス
(名古屋市昭和区八事本町101-2)
詳細

採用までの流れ

人事院中部事務局では、一般職試験(大卒程度試験)行政東海北陸区分から1名採用を予定しています。
一般職の採用までの流れは、以下のリンクをクリックしてご確認ください。

過去の人事院中部事務局での採用実績

一般職試験(大卒程度試験)行政東海北陸区分から採用しています。
2023年度 1名
2020年度 1名
2018年度 2名

業務内容

中部事務局の業務内容

人事院中部事務局は、人事院事務総局に置かれた九つの地方事務局(所)の一つとして、東海北陸7県(岐阜、静岡、愛知、三重、富山、石川、福井)を管轄区域とし、国家公務員採用試験、各府省地方機関職員の研修、勤務条件に関する各種調査、任用、給与、服務、倫理、勤務時間・休暇等の公務員諸制度に係る指導・助言等の業務を行っています。
下記リーフレットもぜひご参照ください
(画像をクリックすると見ることができます)

人事院の業務内容

紹介動画は、画像をクリックしてリンク先のページからご覧ください。
パンフレットは、画像をクリックしてリンク先のページからご覧ください。

中部事務局の魅力

1.若い人の割合が多く、活気のある職場環境です!

若い世代の人が多いため、業務などで分からないことがあっても、気軽に聞ける雰囲気があります。
<人事院中部事務局の年齢構成>

2.成長できる環境があります!

中部事務局では、研修、勤務条件に関する各種調査、任用、給与、服務、倫理、勤務時間・休暇等の公務員諸制度に関することなど、人事に関する様々な施策を実施しております。そのため、人事に関する幅広い知識、経験を身につけることができます。
また、自ら立候補することで、人事院内全体で実施している下記のようなプロジェクトにも参加することができ、様々な組織から構成されるメンバーと協力しながらプロジェクトを進めていくことができます。
主なプロジェクト
  • MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の策定や推進
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進
  • LLBB(Lunch and Learn Brown Bag)と呼んでいるお昼時間に各界の有識者をお招きして御講演いただく会の運営 など

3.PCなどの業務環境が整備されています!

人事院では、デジタル庁が導入しているGSS(ガバメントソリューションサービス)(※)をいち早く導入することにより、 GSSで標準で使用できるMicrosoft365 E5の様々なツールを活用して、自動化処理などを用いて業務の効率化を図っています。
また、軽量なノートパソコンを使い、自宅でテレワークすることもできます。
 
※GSS(ガバメントソリューションサービス)とは、行政機関の職員の生産性やセキュリティの向上を図り柔軟に働けるよう、最新のセキュリティ技術を採用した業務実施環境を指します。

ワークライフバランス

中部事務局では、国家公務員の勤務時間などの諸制度を管轄しています。
そのため、率先してワークライフバランスに取り組んでおり、中部事務局の職員は、令和5年の年次有給休暇を平均して約17日取得し、あわせてフレックスタイム制を活用するなどして、仕事と個人の生活の両立を図っています。

中部事務局の非常勤職員採用

現在、非常勤職員の公募情報はありません。

人事院の職員採用

人事院では、本院のほか、各地方事務局(所)での採用があります。詳しくは、人事院職員採用情報ページをご覧ください。
Back to top