人事院 国家公務員試験採用情報NAVI
本文へ
文字サイズ


 
社会人の皆さんへ(中途採用に関する情報) 国家公務員試験採用情報ナビ(社会人向け) 国家公務員
試験採用
情報ナビ
(社会人向け)
 
 経験者採用試験に関するQ&A

 
Q1 どのような人材が求められていますか。

Q2 採用された場合、どのような業務に従事するのでしょうか。

Q3 これまで、どのような経験を有している方が採用されているのですか。

Q4 経験者採用試験の第1次試験当日はどのようなスケジュールですか。

Q5 それぞれの試験種目がどのようなものなのか教えてください。

Q6 経験者採用試験のこれまでの最終合格者の状況を教えてください。

Q7 最終合格した後、採用されるためにはどうすればよいのですか。

Q8 官庁訪問は平日の昼の時間にしか行われないのでしょうか。 ※係長級(事務)関係

Q9 採用された場合の給与はどのように決められるのでしょうか。

~経験者採用試験の採用者からのメッセージ(抜粋)~

 

 Q1  どのような人材が求められていますか。

     経験者採用試験から採用するに当たり各府省が求める人材は、各府省が所掌する業務に応じて、試験の種類毎に異なります。
    各府省が求める人材は、受験案内に掲載されているほか、採用情報NAVIにも掲載していますので、参考にしてください。
  
   ○受験案内はこちら
 
   ○各府省が求める人材はこちら  


    Q2  採用された場合、どのような業務に従事するのでしょうか。

      経験者採用試験に合格し、採用された職員が行う業務は、政策の企画・立案業務や法令業務等が挙げられますが、
    経験者採用試験の種類や各府省が所掌する業務に応じて異なるなど、採用後に従事する業務内容は多岐に及びます。
    経験者採用試験に合格し、採用された職員が実際に従事している業務や採用後のキャリアパスについては、採用者に
    よる座談会や各府省からのメッセージを参考にしてください。

   ○経験者採用試験からの採用者からのメッセージはこちら
     

  Q3  これまで、どのような経験を有している方が採用されているのですか。


 経験者採用試験からこれまでに採用された方の民間経験等は、例えば、金融機関、投資銀行、保険会社、
監査法人、建設会社、旅行会社、食品会社、IT・通信会社、化学メーカー、鉄鋼メーカーなどです。
このように、多様な経験を有する方が採用され、民間企業等での経験を活かして、各府省で活躍されています。

    

  Q4  経験者採用試験の第1次試験当日はどのようなスケジュールですか。  


  2019年度の経験者採用試験の第1次試験は、月29日(日)に実施します。複数の経験者採用試験を同時
に受験することはできませんので注意してください(例えば、経験者採用試験(係長級(事務))と観光庁経験者
採用試験(係長級(事務))の両方に申し込みをしても、どちらか一方を選んで受験することになります。)。

第1次試験は、外務省(書記官級)が午前10時から、総務省(係長級(技術))及び気象庁(係長級(技術))
が午前11時から、その他の試験は、午後1時20分から開始します。
  受付は試験開始時刻の30分前から行いますので、時間に余裕を持って会場にお越しください。なお、第1次
試験の会場は、受験票に記載されますので、ご確認ください(受験票は、9月13日(金)からダウンロード可能です。)。


  Q5  それぞれの試験種目がどのようなものなのか教えてください。


 経験者採用試験の種類等により試験種目は異なりますが、経験論文試験、基礎能力試験(知能分野及び知識分野)
及び人物試験はすべての経験者採用試験で実施します。また、外国語試験(記述及び面接)、政策課題討議試験
(課題に対するグループ討議によるプレゼンテーション能力やコミュニケーション力などについての試験)、総合評価面接等を
実施する区分等もあります。

 それぞれの試験種目の内容については、受験案内をご覧ください。

 また、採用試験情報NAVIに試験問題例も掲載されています。
 

受験案内はこちら
  
経験者採用試験問題例はこちら


  Q6  経験者採用試験のこれまでの最終合格者の状況を教えてください。


 経験者採用試験の最終合格者数は、試験が開始された平成24年度は8名でしたが、平成25年度38名、
平成26年度138名、平成27年度117名、平成28年度297名、平成29年度342名、平成30年度は353名となっています。
試験開始以降、採用予定者数・最終合格者数ともに増加傾向にあり、2019年度についても同様の傾向が続く見込みです。
 

    ○経験者採用試験の採用状況はこちら
       

  Q7  最終合格した後、採用されるためにはどうすればよいのですか。  


  複数の府省が採用を予定している係長級(事務)以外の経験者採用試験については、最終合格すれば、原則
採用となります。
 一方、係長級(事務)の合同試験については、採用を予定している1府省等(会計検査院・内閣府・金融庁・
総務省・公安調査庁・外務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省)が、
最終合格者の中から採用面接を行い、採用者を決定します。
最終合格者は、採用を希望する府省に官庁訪問し、採用面接を受ける必要がありますのでご注意ください。

官庁訪問は、受験者が志望官庁を訪問し、業務説明や面接を受けたりするもので、志望府省等に採用されるための
重要なステップです。各府省は官庁訪問を通じて、各府省にとって適した人材であるかどうか、行政に対する意欲が
どの程度あるかなどを判断し、採用者を決定します。

社会人としての経験や培ってきた能力、仕事に対する意欲などを示して、自己PRしていくことが必要となりま
すので、積極的に官庁訪問をすることが大切です。官庁訪問に関する情報は、第1次試験合格通知書に同封し
ますので、ご確認ください。


  Q8  官庁訪問は平日の昼の時間にしか行われないのでしょうか。※係長級(事務)関係

経験者採用試験が社会人の方向けの採用試験であるという性格を踏まえ、官庁訪問の時間等については、
社会人の方が面接しやすい時間に設定するなど、各府省において適切に対応されると考えております。官庁訪
問の時間等の詳細については、採用を希望する府省の担当者にご確認ください。

官庁訪問の期間や各府省の連絡先等、官庁訪問に関する情報は、第1次試験合格通知書に同封しますので、
ご確認ください。


  Q9  採用された場合の給与はどのように決められるのでしょうか。

      採用時の俸給月額(いわゆる基本給)は、採用された方の経験年数と同程度の経験年数を有する国家公務員
     が受ける俸給月額との均衡を考慮して決定します。

(参考)国家公務員採用総合職試験による採用後4年の経験年数を有する係長の標準的な俸給月額 230,000円

また、次のような諸手当が支給されます。

 地域手当(東京特別区内に勤務する場合)…俸給月額の100分の20(月額)

       本府省業務調整手当…行政(一)3級の場合、17,500円(月額)

 期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス)…1年間に俸給等の約4.45月分

このほか、通勤手当、住居手当、扶養手当、超過勤務手当等の手当があります。

※ 俸給月額等は、平成31年4月1日現在の「一般職の職員の給与に関する法律」の規定によるものです。

 経験者採用試験毎の給与については、受験案内に掲載していますので、ご確認ください。
 

     ○受験案内はこちら
       
     ○国家公務員(行政職(一)及び指定職)のモデル給与例はこちら
      (給与勧告の仕組みと本年勧告のポイント)

 

  ~経験者採用試験の採用者からのメッセージ(抜粋)~

・経験論文試験については、今まで自分が何をしてきたのか、何を達成できたのかについて時間内にきちんと書
けるように、自宅で時間を計って練習をしました。(平成26年度係長級(事務)内閣府に採用)

・人事院がHPで公開している過去問のサンプルを参考にしつつ、試験の配点を確認し、配点の高いところや得
意分野を重点的にやりました。(平成27年度外務省(書記官級)外務省に採用)

・筆記試験は出題分野が広く、全ての科目を網羅することは難しいので、得意分野に絞って準備をしました。面
接や論文対策は今までの職務経歴を振り返って整理をしておきました。(平成27年度観光庁(係長級(事務))観
光庁に採用)

 

このほか、採用された職員が受験に際してどのように情報を収集したのか、採用後どのような業務に従事して
いるのか等の情報も採用者による座談会に掲載されています。

また、採用情報NAVIには試験問題例も掲載していますので、ご覧ください。

 

     ○経験者採用試験からの採用者からのメッセージ、各種イベント情報等はこちら   

     ○経験者採用試験問題例はこちら