人事院 国家公務員試験採用情報NAVI
本文へ
 デジタル区分の新設等について
 
  デジタル社会の実現に向けて、公務の中で情報系の知識を持って、政策の企画立案に参画する人材を募集します。

  ※ 以下の内容は、現時点の予定であり、今後変更の可能性があります。

 
 1 総合職試験における「デジタル」区分の新設   

概要(PDF)
試験問題例はこちら

(1) 専門試験(多肢選択式)
 
[必須問題]   
基礎数学⑩、情報基礎⑦、情報と社会③

[選択必須問題]
次の17題から10題以上を選択解答   
計算機科学③、情報工学(ハードウェア)⑤、情報工学(ソフトウェア)⑤、情報技術④

[選択問題]
選択必須問題と選択問題の合計の解答数が20題となるよう、次の26題から選択解答  
線形代数・解析・確率・統計⑧、数学モデル・オペレーションズリサーチ・経営工学⑤、電磁気学②、電気工学③、電子工学③、通信工学③、
制御工学②
※ ○内の数字は出題予定数

○ 必須問題は20題、選択必須問題は17題中10題以上を選択して解答、選択問題は選択必須問題で解答した数との合計が20題となるよう選択して解答
○ 必須問題の科目として、情報技術と社会に関する基礎的な分野について問う「情報と社会」を新設
○ 選択必須問題の科目として、計算機科学、情報工学の技術が応用された分野(AI、システム工学、情報セキュリティ等)について問う「情報技術」を新設

【参考】:選択必須問題と選択問題については、例えば、次のような解答の仕方が可能。
  選択必須問題 10題 + 選択問題 10題 = 20題
  選択必須問題 17題 + 選択問題 3題 = 20題                             

(2) 専門試験(記述式)
次の6題から2題を選択解答   
情報工学(ハードウェア)②、情報工学(ソフトウェア)②、計算機科学①、情報技術①
※ ○内の数字は出題予定数

○ 記述式の科目として、「計算機科学」と「情報技術」を新設

【参考】:例えば、次のような解答の仕方が可能。
  「情報工学(ソフトウェア)」 2題 = 2題
  「情報工学(ソフトウェア)」 1題 + 「情報技術」1題 = 2題

(3) その他
 ○ 「デジタル」区分の新設に伴い、令和4年度以降、「工学」区分では、多肢選択式、記述式ともに「情報工学(ハードウェア)」、
  「情報工学(ソフトウェア)」は出題しない。
 ○ 令和4年度以降も、「数理科学・物理・地球科学」区分の出題(多肢選択式・記述式)は従来どおり
 
 2 一般職試験における「電気・電子・情報」区分の見直し 

 概要(PDF)
試験問題例はこちら

(1) 区分の名称

  区分の名称を「電気・電子・情報」から「デジタル・電気・電子」に変更

  (2) 専門試験(多肢選択式)

  [必須問題]
   工学に関する基礎⑳、電磁気学・電気回路・電気計測・制御・電気機器・電力工学⑧、情報・通信工学(理論)⑧

  [選択問題]
  次の選択A又は選択Bのどちらかを選択して4題解答
  選択A:情報工学(プログラミング)④
  選択B:電子工学・電子回路④

  ※ ○内の数字は出題予定数


  ○ 必須問題は36題、選択問題は選択A又は選択Bのどちらかを選択して4題解答
  ○ 専門試験(記述式)については、従来どおり
  ※ 上記1及び2については、人事院規則8―18(採用試験)等関係規定の改正をもって、正式に決定します。