人事院 国家公務員試験採用情報NAVI
本文へ
 一般職試験(大卒程度)
 
 採用までの流れ(2022年度)

 各省庁人事担当課長会議において、2022年度官庁訪問ルールの申合せが行われました。各省庁が一般職試験(大卒程度試験)からの採用に向けた選考を行う「官庁訪問」は、第1次試験合格者発表後の7月8日(金)から行われることになります。国家公務員への採用を希望する受験者は、「官庁訪問」に参加してください。

  【例】

                                                   
2022
2/1
 
3/18
4/4
  6/12   7/6   7/8~   7/13~
7/29
  8/16   10/1   2023
4/1
 受験案内をHPに掲載 →  インターネットによる受験申込 →  第1次試験 →  第1次試験合格発表 →  官庁訪問 →  第2次試験(人物) → 最終合格発表 →  採用内定 →  採用
 

 採用までの流れは、大きく分けて、➀業務説明会等による情報収集、②採用試験、③官庁訪問の3つからなっています。
 第2次試験の際にお配りした「第2次試験受験者の皆様へ」も参考にしてください。

 ➀業務説明会等による情報収集
  国家公務員としての活躍の場は様々な分野に広がっています。職務内容等を紹介するため、人事院では各省庁と協力して、各種業務説明会、
  イベント等を開催しています。詳しくは以下を御覧ください。

  説明会・セミナー情報  各府省開催の説明会・セミナー情報  人事院地方事務局主催の説明会・セミナー情報  年間スケジュール

 ②採用試験
  受験案内を閲覧してください。試験申込みはこちらから行ってください。受付期間は限られていますので、期間内に必ず申込手続を行って
  ください。

 ③官庁訪問
  「最終合格=採用」ではありません。各官庁における面接等を受けていただく必要がありますので、志望する官庁を積極的に訪問しましょう。
  官庁訪問は、志望する官庁に関する知識を深めるとともに、試験合格後の採用に向けた自己PRの重要な機会となります。

 
 
 官庁訪問
  【2022年度 官庁訪問ルール】
    各省庁人事担当課長会議申合せ(2022.2.9掲載)
     ・概要(一般職(大卒程度))  ・申合せ本文
 
    2022年度版 官庁訪問ガイド(2022.2.9掲載)
     ・一般職試験(大卒程度) → 官庁訪問ルールの解説です。是非御参照ください。
 
    官庁訪問に関するQ&Aページはこちら
 
   〈各種情報〉
     2022年度一般職試験(大卒程度試験)1次合格者等対象合同業務説明会について 
     各府省(本府省採用)が実施する業務説明会について(2022年度) 
     2022年度の官庁訪問(本府省採用)のための宿泊施設について 
     2022年度の官庁訪問期間中の「官庁訪問(本府省採用)相談窓口」について 
 
 
 採用予定数

            
 一般職試験(大卒程度)
        【2022年度】
     2022年度 一般職試験(大卒程度試験)行政区分[府省別/区分別]採用予定機関一覧
     2022年度 一般職試験(大卒程度試験)技術系区分[府省別/区分別]採用予定機関一覧(PDF)
     2022年度 一般職試験(大卒程度試験)採用予定数(PDF)     
        【2021年度】 
     2021年度 一般職試験(大卒程度試験)行政区分[府省別/区分別]採用予定機関一覧
     2021年度 一般職試験(大卒程度試験)技術系区分[府省別/区分別]採用予定機関一覧(PDF)
     2021年度 一般職試験(大卒程度試験)採用予定数(PDF)
        【2020年度】
     2020年度 一般職試験(大卒程度試験)行政区分[府省別/区分別]採用予定機関一覧
     2020年度 一般職試験(大卒程度試験)技術系区分[府省別/区分別]採用予定機関一覧(PDF)
     2020年度 一般職試験(大卒程度試験)採用予定数  (PDF)         
 
    (参考)行政区分の本府省採用に関するQ&A
     行政区分における本府省への採用については、「行政関東甲信越地域」からの採用が中心となりますが、
     全国から有為の人材を確保できるようにするという観点から、それ以外の地域からも採用が可能となっています。 
 
 採用状況

 一般職試験(大卒程度)
    2022年度における一般職試験(大卒程度試験)(行政) 採用候補者名簿からの採用状況(令和4年4月1日現在)(PDF)
     ※一般職試験(大卒程度試験)の行政区分については、人事院地方事務局(所)において、対応する地域の名簿管理を行っています。
 
    2022年度における一般職試験(大卒程度試験)(技術系) 採用候補者名簿からの採用状況(令和4年4月1日現在)(PDF)
    
 

 過去の採用予定数・採用状況について →  こちらをご覧ください。

  
 
 
 
 一般職試験(高卒程度)
 
 採用までの流れ(2022年度) 

 【例】
                                                                         
2022
5/6
  6/20~
6/29
  9/4   10/6   10/12~10/21   11/15   2023
4/1
 受験案内をHPに掲載  →  インターネットによる受験申込  →  第1次試験  →  第1次試験合格発表  →  第2次試験(人物)  →  最終合格発表  →  採用
 
  
 
 採用までの流れは、大きく分けて、➀ホームページ等による情報収集、②採用試験、③志望官庁の採用面接を経て採用の3つからなっています。

 ➀ホームページ等による情報収集
  国家公務員としての活躍の場は様々な分野に広がっています。各 人事院地方事務局(所)ホームページに掲載されている「官庁ガイド」等により、
  業務内容等を確認の上、志望する官庁を検討してください。

 ②採用試験
  受験案内を閲覧してください。試験申込みはこちらから行ってください。受付期間は限られていますので、期間内に必ず申込手続を行って
  ください。
 
 ③志望官庁の採用面接を経て採用
  最終合格=採用ではありません。志望官庁の採用面接を受けて採用の内定を得る必要があります。希望する官庁の採用情報を確認した上、
  採用面接を受けて積極的に自己PRしてください。

  ※志望官庁の採用面接に関する情報については、事前に各官庁のホームページ等を御確認ください。
  
 
 採用予定数

 一般職試験(高卒者)
        【2022年度】
     2022年度 一般職試験(高卒者試験)〔事務区分・技術区分〕採用予定機関一覧(令和4年9月1日掲載)
     2022年度 一般職試験(高卒者試験)〔農業系区分〕採用予定機関一覧(PDF)(令和4年9月6日更新)
     2022年度_一般職試験(高卒者試験)採用予定数(PDF)
        【2021年度】
     2021年度 一般職試験(高卒者試験)〔事務区分・技術区分〕採用予定機関一覧
     2021年度 一般職試験(高卒者試験)〔農業系区分〕採用予定機関一覧(PDF)
     2021年度_一般職試験(高卒者試験)採用予定数(PDF)
        【2020年度】
     2020年度 一般職試験(高卒者試験)〔事務区分・技術区分〕採用予定機関一覧
     2020年度 一般職試験(高卒者試験)〔農業系区分〕採用予定機関一覧(PDF)
     2020年度 一般職試験(高卒者試験)採用予定数(PDF)
  
 
 一般職試験(社会人試験(係員級))
        【2022年度】
     2022年度 一般職試験(社会人試験)〔技術区分〕採用予定機関一覧(令和4年9月1日掲載)
     2022年度 一般職試験(社会人試験)〔農業土木区分〕採用予定機関一覧(PDF)(令和4年9月6日更新)
     2022年度 一般職試験(社会人試験)採用予定数(PDF)
        【2021年度】
     2021年度 一般職試験(社会人試験)〔技術区分〕採用予定機関一覧
     2021年度 一般職試験(社会人試験)〔農業土木区分〕採用予定機関一覧(PDF)
     2021年度 一般職試験(社会人試験)採用予定数(PDF)
        【2020年度】
     2020年度 一般職試験(社会人試験)〔技術区分〕採用予定機関一覧
     2020年度 一般職試験(社会人試験)〔農業土木区分〕採用予定機関一覧(PDF)
     2020年度 一般職試験(社会人試験)採用予定数(PDF)
  
 
 採用状況

 一般職試験(高卒程度) 
   【高卒者試験】
   2020年度 一般職試験(高卒者試験)(区分別)採用状況(PDF)
   ※一般職試験(高卒者試験)の事務区分及び技術系区分については、人事院各地方事務局(所)において、
    対応する地域の名簿管理を行っています。
 
   【社会人試験(係員級)】
   2020年度 一般職試験(社会人試験)(区分別)採用状況(PDF)
    ※一般職試験(社会人試験)の事務区分及び技術区分については、人事院各地方事務局(所)において、
    対応する地域の名簿管理を行っています。
 
 
 過去の採用予定数・採用状況について → こちらをご覧ください。
 
 
 
戻る