人事院 国家公務員試験採用情報NAVI
本文へ
文字サイズ

  海上保安学校学生採用試験


   《お知らせ》 この試験に関するお知らせです。
    2019年度以降に実施する採用試験における学科試験(多肢選択式)の出題範囲の限定措置が廃止されます。
   詳しくはこちらをご覧ください。(平成31年3月4日)(PDF)

   【受験案内】(PDF)
    2019年度実施試験について御案内しています。詳細はPDFファイルを御覧ください。


    ◆職務内容◆
     ◯ 船舶運航システム課程(教育期間1年)
       巡視船等に乗組み、海難救助、海上犯罪の取締りなどの業務のほか、船舶の運航・整備(航海コース)、
      機関の運転・整備(機関コース)、経理・補給・庶務・調理(主計コース)の業務に従事します。

     ◯ 航空課程(教育期間1年)
       一定期間の研修を受けた後、飛行機又はヘリコプターの操縦士として、領海警備、海難救助、海上犯罪
      の取締りなどの業務に従事します。

     ◯ 情報システム課程(教育期間2年)
       巡視船等に乗組み、海難救助、海上犯罪の取締りなどの業務や通信機器の運用管理の業務に従事した
      り、海上保安部交通課、海上交通センター等に勤務し、航路標識の管理運営等の業務に従事します。

     ◯ 管制課程(教育期間2年)
       主に、運用管制官として、海上交通センター等において、航行船舶の動静を把握し、船舶の安全な航行
      に必要な情報の提供や、大型船の航路入航間隔の調整等を行う業務に従事します。

     ◯ 海洋科学課程(教育期間1年)
       本庁、管区本部等に勤務し、海洋観測、測量、海図の作成等の業務に従事します。

    ◆受験資格◆
     1 2019(平成31)年4月1日において高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して5年
      を経過していない者及び2020年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
     2 高等専門学校の第3学年の課程を修了した者であって、2019(平成31)年4月1日において当該課程を
      修了した日の翌日から起算して5年を経過していないもの等人事院が1に掲げる者と同等の資格があると認める者

    ◆採用予定数◆
      最新の情報はこちら

    ◆試験の日程◆
受   付   期   間  申込みは、インターネットにより行ってください。
 2019年7月16日(火)9:00~7月25日(木)受信有効
 申込みは【受験申込み】
第  1  次  試  験  日   9月22日(日)
第1次試験合格者発表日  10月 9日(水) 9:00
第  2  次  試  験  日  10月15日(火)~10月24日(木)
 第1次試験合格通知書で指定する日時(日時の変更は、原則として認められません。)
最終合格者発表日(航空課程を除く。)
第2次試験合格者発表日(航空課程)
 11月19日(火) 9:00
第3次試験日(航空課程)  11月30日(土)~12月10日(火)
 第2次試験合格通知書で指定する日時(日時の変更は、原則として認められません。)
最終合格者発表日(航空課程)  2020年1月16日(木) 9:00


   【試験問題例】
    この試験で、どのような問題がでるか問題例を掲載しています。クリックして御覧ください。

   【合格点及び平均点等】
   船舶運航システム、情報システム、管制及び海洋科学課程(PDF)航空課程(PDF)

    この試験の合格点及び平均点等を公表しています。クリックして御覧ください。

   【試験実施状況】(PDF)
    平成30年度 平成29年度 平成28年度

    この試験の実施状況を公表しています。クリックして御覧ください。

   【合格者の決定方法】
   船舶運航システム課程(PDF)航空課程(PDF)管制課程(PDF)情報システム及び海洋科学課程(PDF)

    この試験の合格者の決定方法を公表しています。クリックして御覧ください。


     海上保安庁ホームページ(https://www.kaiho.mlit.go.jp/ope/saiyou/bosyu.html)の「海上保安学校」
   で、海上保安学校の職種紹介などの情報を掲載しています。