人事院 国家公務員試験採用情報NAVI
本文へ
 
  
 
  
 
職 員 紹 介
  
         
宮本 敬太        
       
関東財務局 管財第1部 第2統括国有財産管理官        
平成29年採用 一般職(建築)        
  

宮本 敬太
 
関東財務局 管財第1部 第2統括国有財産管理官
 
平成29年採用 一般職(建築)
 
◇ 学生時代の専攻分野は?
建築
 
◇ 志望動機は?
  財務局では公務員宿舎(合同宿舎)の計画から維持管理まで行っており、公務員宿舎という共同住宅の一生に携われる点に魅力を感じ財務局を志望しました。
 
◇ 採用後の経歴は?
 採用1年目は、公務員宿舎の配分(各省庁へ宿舎を割り当てる業務)、宿舎予算の管理など行政の観点から携わり、採用2年目以降は、宿舎における工事費等算出に係る積算業務、工事検査(改修工事後に適切に工事が行われたかチェックする業務)などの技術系分野から宿舎業務に携わってきました。
◇ 日々の仕事の様子は?
 宿舎における工事費等算出に係る積算業務など、デスクワークを中心に行っておりますが、現地調査、工事検査のため現場に出張する機会もあります。施工現場へ赴くと、新たな発見など刺激が多く、少しでも宿舎行政に還元できるよう日々業務を遂行しております。 
 
◇ 専門性はどのように活かされていますか?
 宿舎における工事費等算出に係る積算業務、工事検査等、日々の業務で建築の知識が求められるため、専門性を十分に活かすことができます。それに加えて、共同住宅(公務員宿舎)としての専門性も必要とするため、日々勉強に努めております。
  
◇ 仕事の面白み、やり甲斐は?
  担当した業務・工事が落札された時に達成感、やり甲斐を感じます。
積算業務は、工事に必要な費用を算出し、これに受注者の利益を含めた予定価格(発注者が競争入札を行う際に、その落札金額決定するための基準価格)を作成するという責任ある業務です。そのため、適正な予定価格の算出が必要になり悩む部分も多いですが、周りの上司・先輩と相談して作成した物が認められ時には大きな達成感を得られます。
 
◇ 自己の成長を実感したエピソードは? 
 業務改善提案ができた瞬間に成長を実感します。与えれた業務を全うすることはもちろんですが、それ以上の働きができるように業務に取り組んでおります。
 
◇ 仕事と生活(家庭、趣味、地域活動など)の両立は?
  土日祝日は休みで年次休暇の取得も可能なため、友人との長期旅行計画を立てやすく、その旅行を楽しみに日々の業務に励んでいます。
  
 (令和2年11月)