第1編 人事行政

第3部 令和2年度業務状況

第2章 人材の育成

第2節 役職段階別研修

3 地方機関職員研修

人事院各地方事務局(所)では、管内の各府省の地方機関の実情を踏まえつつ、役職段階別に求められる資質・能力を向上させるとともに、国民全体の奉仕者としての意識の徹底を図ることを目的とする役職段階別の研修を実施している。また、行政運営の在り方及び幹部行政官として求められる倫理感を考察させることを目的とする幹部行政官セミナーを実施している。これらの研修では、各役職段階に必要な基本的知識等を付与するカリキュラムのほか、近年の公務を取り巻く諸情勢を踏まえたカリキュラムを取り入れて行っている(表2-4)。

このほか、係長級職員を主な対象として、役職段階別研修におけるマネジメント科目の設定や、JST教材を活用したマネジメント研修(1日コース)の実施など、マネジメント能力を高めることを主眼とする研修を引き続き行った。

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み、定員を減らすこと、受講者間の間隔を空けた座席配置とすること、机・椅子等の消毒を行うこと等の感染防止対策をとり実施した。

表2-4 令和2年度地方機関職員研修実施状況
表2-4 令和2年度地方機関職員研修実施状況のCSVファイルはこちら

(1)新採用職員研修

各府省の地方機関に採用された職員を対象として、公務員としての心構え、公務員倫理、公務員制度の解説などのカリキュラムを中心に実施している。

令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み、会場での受講を中止(一部については延期)し資料提供等の代替措置を講じた。

(2)中堅係員研修

一定の職務経験を積んだ中堅の係員を対象として、将来の職場のリーダーとしての心構えや、中堅係員に共通して求められる能力の向上を目的として、公務員倫理、人権、情報発信スキルなどのカリキュラムを中心に実施した。

(3)係長研修

各府省地方機関の係長級職員を対象として、将来の中堅幹部としての心構えや、職場のリーダーに求められる能力の向上を目的として、公務員倫理、部下の育成、メンタルヘルスなどのカリキュラムを中心に実施した。

(4)管理監督者研修(課長補佐研修・課長研修)

各府省地方機関の課長補佐又は課長を対象として、将来の地方機関における上級幹部職員の養成を目的として、管理監督者の心構えや役割に関するカリキュラムを中心に実施した。

(5)幹部行政官セミナー

管区機関の局部長級の職員を対象として、これからの行政と行政官の在り方を基本に立ち返って考え、意識改革を図ることを目的として、各界の有識者からの講話と講師を交えた意見交換を行った(表2-5)。

表2-5 令和2年度地方機関における幹部行政官セミナー実施状況