第1編 人事行政

第3部 令和2年度業務状況

第4章 職員の生涯設計

第2節 生涯設計セミナーの実施等

人事院の本院及び各地方事務局(所)では、50歳台の職員及び40歳台の職員を対象に、再任用制度、年金制度等に関する情報提供や参加職員による討議を通して生涯設計について考える機会を提供する「生涯設計セミナー」を実施している。

令和2年度は、13回実施し、327人が参加した。なお、当初は29回実施する予定であったが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から一部は実施を見送った。

このほか、定年後の家計、健康管理等を考える際に役立つ具体的な情報をまとめた冊子「新たなステップを踏み出すために(令和2年度版)」を作成、配布した。

また、人事院ホームページでは、定年・再任用制度、退職手当・公的年金・社会保険制度、定年後の仕事の選択、定年後の家計等、職員が生涯設計を考える際に必要となる情報を提供している。