第1編 《人事行政》

【第3部】 平成29年度業務状況

第5章 職員の勤務環境等

第3節 ハラスメント対策

セクシュアル・ハラスメント及び妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントについては、規則10−10(セクシュアル・ハラスメントの防止等)及び規則10−15(妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメントの防止等)等により、人事院、各省各庁の長及び職員それぞれの責務を定めるなど、その防止等を図っている。また、パワー・ハラスメントについては、「「パワー・ハラスメント」を起こさないために注意すべき言動例」(平成22年1月)や、パワー・ハラスメントの概念、なり得る言動、相談例、相談先等を紹介した「パワー・ハラスメント防止ハンドブック」(平成27年7月)について引き続き各府省に周知を図っている。