人事院 人事院
本文へ   English
文字サイズ

  公務職場におけるパワー・ハラスメント防止対策検討会  

 

◆ 検討会について

 〇 開催の趣旨

人事院では、パワー・ハラスメント(以下「パワハラ」という。)の防止のため、これまでも「パワー・ハラスメント防止ハンドブック」の配付等により周知啓発を図ってきたところです。しかしながら、職員意識調査の結果によると、依然として、上司からパワハラを受けたと感じる職員が一定数存在しており、職員の勤労意欲の向上や心身の健康、良好な勤務環境を実現するために、さらなる防止策を検討する必要があること等から、平成30年8月の給与勧告時報告で、「民間におけるパワハラ対策に関する議論等も注視しつつ、検討会を設けるなどして外部有識者の意見も聴きながら、公務におけるパワハラ対策を検討する」としたところです。民間においてもパワハラ対策が進められており、これらの状況を踏まえ、公務職場におけるパワー・ハラスメント防止対策について検討を行うため、有識者によって構成する検討会を開催することといたしました。
 

 〇 委員

 学識経験者7名(別紙PDF形式 84KB)により構成することとします。

   

◆ 検討会情報

第1回

平成31年3月11日(月)

第1回資料

(PDF形式1,831KB

参考資料
(PDF形式1,919KB)(参考資料3は  
こちら

議事要旨

(PDF形式151KB

第2回 令和元年6月10日(月) 第2回資料
(PDF形式6,258KB)
議事要旨
(PDF形式209KB)
第3回  令和元年6月26日(水) 第3回資料
(PDF形式3,737KB)
議事要旨
(PDF形式201KB)
第4回  令和元年7月29日(月) 第4回資料
(PDF形式6,431KB)
議事要旨
(PDF形式195KB)
第5回  令和元年10月8日(火) 第5回資料
(PDF形式4,104KB)
議事要旨
(PDF形式199KB)

 

←人事院トップページへ