人事院 ホーム

 
優秀な人材確保に資する採用戦略の検討を行うための有識者との意見交換
令和5年12月14日
 
 
 公務における人材確保が危機的な状況にある中、優秀な新規学卒者や民間人材等を獲得するためには、戦略的な人材確保が一層求められています。人事院は、これからの採用戦略の在り方について多角的な観点から意見を聴取するため、人事行政諮問会議の議論も踏まえつつ、様々な分野の有識者との意見交換を行ってまいります。
 

 
1 実施の時期
  •  令和5年12月から令和6年3月まで、各界有識者との意見交換を実施
2 主な意見交換テーマ(詳細は別紙参照)
   ・ 採用方法のほか広報や募集も含む現行の採用の枠組みにより有為な人材が採用できているか
   ・ 現行の採用試験を中心とした採用方法や採用時期等は求める人材との関係で適当なものとなっているか
   ・ 公務における今後の採用の枠組みの在り方
   ・ 理系人材の採用を活発化させるための方策
 
3 意見交換を予定している有識者
  •  学識経験者、民間企業の採用担当者、実務研究者等との意見交換を予定

 ※ 意見交換の概要等については、とりまとめ後に改めて公表する予定です。
 <参考資料>令和5年 公務員人事管理に関する報告(抄)
 
 
 
以   上



人事院人材局参事官                   髙田 悠二
企画官             植田 有佐
 企画課長補佐(総括)  小川 純子
電話
(03)3581-5311(内線2310)
 
(03)3581-0755(直通)