第1編 《人事行政》

【第2部】 次世代の行政の中核を担う30代職員の育成と公務全体の活性化 〜意識調査を通じて課題と対策を探る〜

第1章 30代職員を取り巻く環境

第1節 30代職員の現状

3 仕事と家庭の両立

平成28年の厚生労働省「人口動態統計」によると、我が国の平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻が29.4歳、第1子出生時の母の平均年齢が30.7歳となっており、30代は結婚・出産等の大きなライフイベントを迎える者が多い世代である。

国家公務員に係る結婚・出産の年齢別統計はないが、公務においても30代職員は仕事と家庭の両立に直面している。

表3 平均初婚年齢の年次推移
表3 平均初婚年齢の年次推移のCSVファイルはこちら

表4 第一子出生時の母の平均年齢の年次推移
表4 第一子出生時の母の平均年齢の年次推移のCSVファイルはこちら