第1編 《人事行政》

【第2部】 次世代の行政の中核を担う30代職員の育成と公務全体の活性化 〜意識調査を通じて課題と対策を探る〜

第2章 30代職員の意識等

第2節 30代職員へのアンケート調査等

1 調査方法等

人事院は、前節の問題意識を踏まえ、平成30年1月22日から2月2日までの間、本府省に勤務する行政職俸給表(一)が適用される30代職員に対し、無記名によるWeb調査を実施した(以下「30代職員調査」という。)。また、上司は30代職員をどうみているかなどを把握するため、併せて課長級職員に対しても同様の調査を行った(以下「課長級職員調査」という。)。

30代職員調査及び課長級職員調査(以下、両者を合わせて「今回調査」という。)の回答人数は、30代職員6,264人、課長級職員1,218人であり、属性別の内訳は図4図6のとおりである。

図4 【30代職員調査】役職段階別回答者内訳
図4 【30代職員調査】役職段階別回答者内訳のCSVファイルはこちら

図5 【30代職員調査】男女別回答者内訳
図5 【30代職員調査】男女別回答者内訳のCSVファイルはこちら

図6 【課長級職員調査】男女別回答者内訳
図6 【課長級職員調査】男女別回答者内訳のCSVファイルはこちら