第2編 国家公務員倫理審査会の業務

第3章 倫理法等違反への厳正かつ迅速な対応

3 幹部職員の倫理法等違反を踏まえた対応

平成30年度においては、職員の職務に係る倫理の保持に関して職員を指導監督する立場にもある複数の幹部職員が倫理法等違反で処分される事案が発生したことを踏まえ、倫理審査会会長から各府省倫理監督官に対し、当該事案と同様に事業者等から高額の供応接待を受けた事案がないかを点検するとともに、職員が研修等を通じて倫理意識をかん養しているか、また、倫理的な組織風土が構築できているか等について確認するよう要請する「幹部職員の職務に係る倫理の保持について」(平成30年9月21日付)を発出した。